トラブルで故障したら名古屋のiPhone修理業者に持ち込み

SITEMAP

iPhone修理

iPhoneの修理を行う場所

意外と繊細で故障することも多いiPhone。iPhoneユーザーなら誰もが一度は故障して修理してもらったことがあるのではないでしょうか。
例えば落とした衝撃によるフロントパネルの破損、プールや海などでの水没、ホームボタンの不良、スリープボタンの陥没などiPhoneには挙げればたくさんの故障があります。
そんなiPhoneの故障した際にiPhone修理に持っていくなら2つの選択肢があります。その1つは言わずと知れた正規店での修理です。iPhoneの制作元である正規メーカーやiPhoneを販売しているキャリアなどでの修理は、やはり安心感があります。また、修理に使うパーツも正規のものを使用するので安心ですし、最新機種の場合は非正規店より安く修理できる場合もあります。
そしてもう1つの選択肢が、名古屋の非正規のiPhone修理店での修理です。名古屋でiPhone修理を行うと正規メーカーやキャリアでの保証が受けられなくなってしまいますが、やはり何と言っても安くて速いという利点があります。また、最近では受けられなくなった保証の代わりとなる保証を行ってくれるような修理店なども名古屋にはあるため、そういったものを利用するのも良いかもしれません。

お風呂に沈んだのでiPhone修理を依頼

お風呂場で音楽を聞こうと思い、iPhoneを浴槽の近くにある蛇口付近に置きました。そして音楽を流しながら、楽しい気分で身体を洗っていたのですが、頭を洗っている最中に音が急に聞こえなくなりました。疑問に感じた私は頭を洗い流した後、後ろを振り返りました。そこにあったはずのiPhoneは消えていたため、慌てながら浴槽を見ると一番下の方に沈んでいました。
お風呂からiPhoneを持ち上げた私は、不安な気持ちを抱きながらお風呂を出て、洗面所で着替えを手短に済ませました。そして、家族に出かけてくることを報告してから車に乗り、購入した名古屋市内の店へと移動しました。名古屋市内の店に行くと、店員は血相を変えてきた私に対して、どうしましたかと聞いてきました。なので、お湯で濡れているiPhone修理の依頼に来たことを話しました。私が経験したのは珍しいことだと思ったのですが、店員は顔色一つ変えなかったので驚きました。
その後、店員はお預かりしますと言って受取ったので、iPhone修理をお願いしますと応じて家に戻りました。
数日後、連絡が入ったと家族が教えてくれたので、再び名古屋市内の店に行きました。すると、この間の店員がいて、iPhone修理が終わりましたよと言って私に手渡してくれました。普通の状態に戻っていたので安堵しました。あと、今回のことで懲りたので、お風呂場にiPhoneを持ち込むのを止めました。

iPhone修理を頼める店を探した時の話

2階のベランダに布団を干そうとした時、手すりに蜘蛛の巣が沢山あるのを見つけました。その上に布団を置きたくないと感じたので、箒を使って力を込めて処理しました。これで一安心と思った時に、ズボンのポケットが軽くなっていることに気がつきました。下を見てみた所、iPhoneが1階の地面の上に落ちていたので、慌てて拾いに行きました。
拾おうとしたのですが落下の衝撃が強かったらしく、ボタンとパネルに亀裂が入っていました。iPhone修理が必要と感じたので、購入した名古屋の店にiPhone修理を頼もうとしたのですが、その名古屋の店舗は引越してしまったため連絡できなかったです。
ネットでiPhone修理ができる店を探すと、色々と表示されたので地図の情報を印刷しました。そして、印刷した地図を見ながら車で店へと移動して、名古屋市内の店内に入りました。受付に壊れたiPhoneを渡すと、その時の状況について聞きたいと言うので、2階から誤って落とした話をしました。店員は興味深そうに話を聞くと、今聞いたことを丁寧に紙に書き込んでいたので少し恥ずかしかったです。修理が済んだら連絡しますと言うので、家に戻りました。
3日後、修理を依頼した店から連絡が来たので、喜びながら車で移動しました。店内に行くと、この間の店員が私に対してこちらになりますと言って、元通りになったiPhoneを渡してくれました。

update post

list

TOP